医療機関で働くほかに、医師の活躍は一般企業でも幅広く求められています。
その1つが産業医です。
医師の転職先としても人気で、企業にとって欠かせない存在でもある産業医の仕事内容について調べてみました。

一定以上の規模の企業には必ず産業医が必要

労働安全衛生法により、常時50人以上の従業員がいる職場では、医師の選任が義務付けられています
企業にとっては、従業員の健康管理のために必要な、重要な役割です。
主な仕事内容としては、従業員の健康管理のために、健康をチェックしたり、アドバイスを行います。

産業医は、従業員が安心して健康に職場で活躍できるようにするのが役割です。
そのため、時には健康状態の良くない従業員がいれば、企業に対して勧告を行う事もあります。
勧告を受けた場合、企業はその内容を尊重して、従業員が健康的に勤務できる環境を整える必要があります。

診察以外の仕事内容も多い

企業内で働く医師は、一般的な医療機関で働く勤務医と違い、従業員が健康的に働ける環境作りに取り組んだり、過重労働やメンタルヘルスの問題など、診察以外の幅広い仕事内容が求められます
特に重要な仕事が、月1回以上の職場巡視です。

これは職場環境が従業員にとって健康的な状態であるかどうかを把握するために必要なもので、法律で義務付けられている仕事の1つです。
また、月に1回以上の衛生委員会、安全衛生委員会への参加も義務付けられており、健康管理指導などを行います。

海外展開を行っている企業であれば、駐在や出張の際の健康対策やアドバイスなどで知識が必要になることもあります。
また、最近ではセクハラやパワハラの被害で従業員が精神的に負担を抱えてしまう問題も増えています。
このように、企業で働く医師には必要な知識が非常に多いですが、その分やりがいも大きい仕事です。

勤務形態は企業の規模によって変わる

産業医は、働く企業の規模によって雇用形態が変わります。

常時50人以上999人以下の従業員がいる企業

┗働く医師の雇用形態は、嘱託と呼ばれる非常勤医でも可能です。
嘱託として企業で働く場合は、最低でも月に1回から数回程度の勤務をするというのが一般的です。

常時500人以上の従業員がいる場合

┗働く医師の雇用形態は、医師を専属で選任する必要があります。
専属として選任された場合は、常勤医として企業で働くことになります。
最低でも週3、4回で、1日3時間以上勤務するケースが多いです。